スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式数比例配分方式

来年から実施されるもので、内容としては保有している株式の配当を証券会社の口座で受け取れるというものです。
今までは株式の配当は郵送で送られてくる小切手のようなものを銀行とか郵便局で現金と交換するものだったのですが、これが取引証券口座の保有株数に応じて受け取れるということで、その口座内で株式譲渡損と損益通算ができるようになるのです。
まぁ特定口座になってないと意味ないですが、すごい。便利。

以下言葉だと面倒なので具体例で解説します。

・取引証券と保有銘柄と株数
N証券 みずほ100株、トヨタ2000株
D証券 みずほ500株

・配当(実際の水準は調べるの面倒なので適当です
みずほ 1株配当5円
トヨタ 1株配当10円

・N証券の口座に入る配当
みずほ100株×5円=500円 トヨタ2000株×10円=20000円 計20500円
・D証券の口座に入る配当
みずほ500株×5円=2500円 計2500円

という感じになります。
同一の銘柄を複数の証券会社に預けてある場合、その証券会社に預けてる株数に比例して自分がその株式で受け取る総配当を配分して受け取るので、こういう名称なんですね。

配当は受け取る時点ですでに10%の課税がされてしまっているので、このN証券の場合でなら、20500円を超える株式譲渡損失があれば損益通算をすることで配当課税10%が還付されるわけです。
もちろん損益通算をしないことも選択できます。

あとこの制度のポイントは自分が取引している一つの証券会社で申し込めばそれでOKだということです。
なんせ預けてある証券会社が違おうともその株式の株主は同じわけですからね。

来年からの実施ですが、各証券会社はどこも受付を始めているようです。
手間的にも税金的にもメリットがありますから是非覚えておくといいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

takeumasisin

Author:takeumasisin
FC2ブログへようこそ!

エントリー
過去ログ
カテゴリ
検索
リンク
ひふみ投信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。