スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臼田琢美さんの記事を読んで

ネット証券4社共同プログラム「カブドットコム証券臼田琢美より、ネット投資家へのメッセージ」を読んで。

今回の問題点は言行不一致。
言ってることとやってることが全然違うわけで。

なんでかなーと思って見てたら

そしてネット投資家の皆さんには対面投資家に「投信はネットで買った方がいいよ」と口コミパワーを爆発させてくださることを期待しています! ネット証券4社は組みました、ネット投資家の皆さんとも組んで共同戦線を張りましょう! 我々は皆さんの味方です。皆さんの力無しでは何も成し得ないでしょう。ネット証券4社を上手く使ってより良い状況を実現させてください。

記事の最後の部分だけど、ここからしてもうアレ。

記事読むと今回の対象は対面証券を利用する98%の投信投資家なわけで。
なんで一生懸命2%しかいない既存客に対して必死アピールしてるわけ。

個人的なイメージなので間違ってたら申し訳ないですが、ネット証券で投信を利用してる人は働き盛りの青壮年層や、ご年配の方でもコストを意識して自分で投資行動が取れる人ではないかと思っています。

一方で、対面販売を利用してる人で、証券の使ってる人はバブル期などに投資経験があったり仕事を通じて関わりがあったりである程度以前から投資に馴染みのある人。銀行使ってる人は投資っていうとアレだけど銀行さんが勧めるなら金利は低いしお金少しでも増やしたいしっていう人。で、どちらも勧められたからやる人。

かたや、能動的な投資家。
かたや、受動的な投資家。
もう全然まったく属性が違うのに、違う属性向けの戦略が既存客に受けるわけないでしょ。
それで誤解させちゃってどうするのよ。

そもそもネット証券って大手が真似できないコストの部分で勝負してきて拡大してきたのではなかったですか。
言い方アレですけど、ネット使ってる人はいちいち取引のコストを気にないといけないような貧乏人で、手数料くらい払う気前のいい金持ち相手では利用するメリットがなにもなく今までも大手とは勝負にならなかったわけですよね。

という前提の上で。

やっぱり入り口はテーマ性のあるキャッチーな商品ではないかと思います。
その点で今回の3本はいいと思います。

日本応援ファンドはとてもわかりやすいので最高ですね。
新興国中小型や日本新興市場レアル型はどちらも今ヤングな新興国でナウい通貨選択型でそれぞれ今までにないタイプで魅力的ですし、豊富なラインアップのアピールにもなります。

一旦顧客に引き入れてさえしまえば低コスト、小額から利用できる特徴が活きてくるのではないでしょうか。
今まで特徴として掲げてきて今の結果になっている特徴を今になってもう一回アピールしても結果は同じでしょう。
お金はあるんだし、コストも気にしないんだから。
とりあえず客になってもらう。
投信なんてようするに買って持ってるだけなんだから銀行でも証券でもネットで持っててもパフォーマンスは一緒ってわかってもらって。
彼らを教育するのはその後でも遅くないかと。
細かく買えたり、コストがかからないほうがいいし、いろんな商品が選び放題って。

今対面販売を利用してるご年配の投資家の方々に最初から意識改革を求めても今更変われるわけがない。
彼らを取り込みたいなら販売サイドが変わるしかないと思います。

で、その姿勢が今までのネット証券を支持してくれている既存客に受けるかというと…。

既存客ネットワークを使って、彼らが協力してくれそうないいことばっかり言って未開拓層にリーチしようとした。
それが最大の失敗だった。わかりやすいですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

既存のお年寄りを取り入れるのは結構難しいかな~と思っています。

もし、できるのであれば、もっと全国事細かに宣伝して周って窓販と
同じレベルで対応する必要があるのかなと思っています。

No title

ブログお持ちだったんですね。
いくつか読ませていただきました。
面白い内容じゃないですか。
記事書かれたらもっとTwitterでも宣伝お願いします。
管理人

takeumasisin

Author:takeumasisin
FC2ブログへようこそ!

エントリー
過去ログ
カテゴリ
検索
リンク
ひふみ投信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。