スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的を持って投資をしよう

投資をする目的。
人それぞれだと思いますが、ここで勘違いして欲しくないのはあくまで投資お金を増やすための手段であって、「儲ける」ことそれ自体は投資の目的にはなりません。
ただこれは一般的な凡人の話であって、極一部の人にはあてはまりません。

今回は一般的な凡人向けに書きます。
なぜ「儲ける」ことが一般人には目的になりえないか。
それはリスク管理の問題です。
「儲ける」ことが目的ということは、言い換えれば「利益の最大化」ということになると思います。
ということは、そのとき自分にできる限りで儲けられるところに投資することになります。
いろいろ調べないといけませんし、日々の情報収集も欠かせません。
タイミングを見るために相場を見張ってないといけないかもしれませんし、相場を見切るセンスも必要でしょう。
そして、なにより大きなリスクを負うことになります。
これはちょっと難しい。
これをみんなができるなら日本での投資のコンセンサスは「儲けられるもの」になっているはずです。

肝心の目的として代表的なところでは「リタイアするまでに老後の資金3000万」とかそのへんでしょうか。
儲けることには変わりませんが、使途が決まっていてここまで増やせればいいというラインが設定されてる点で、ただ「儲ける」ことを目的とした場合と大きくことなります。
例えばすでに投資をしていてその方法で安定的に利益が出ていてそのペースならば目標額に届きそうな場合、目の前に美味しい話が転がってきたとしても、安易に乗っからず新たにリスクを負う必要がなくなります。

素人は投資額が少ないのだから基本としては大きく負けないのが重要です。
その点において、目的が定まってればそこに至るまでの必要最小限度のリスクだけで済みますから、非常に効率的です。
さらに、設定した目的は途中で変わっても構いませんが、ブレてはいけません。
あくまで「儲ける」のは目的(この場合、リタイア時に3000万)を達成するための手段にすぎないということを忘れないことです。
これを忘れて、目先の美味しい話に目がくらんでしまうのが危ない。
そうすると目的を設定して、そこへ至るまでの道のりを考えた意味がなくなってしまう。

もちろん、世の中の大部分の人はこんなこと考えてないと思いますが、でもホイホイいい話につられてリスク取りすぎた結果、壊滅的損失受けちゃってる投資家はいますから。
知っておいて欲しいなぁと思った次第でした。










ぶっちゃけさー「この投信より儲かるこっちに乗り換えましょう」ってリスク管理も投資目的もへったくれもないんだよね。
しかも、投資資産の大部分を占める大ロットでやったりしたら尚更。
適合性の原則()
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

takeumasisin

Author:takeumasisin
FC2ブログへようこそ!

エントリー
過去ログ
カテゴリ
検索
リンク
ひふみ投信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。