スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行にお金を預けるなら株を買え!

この安いときに株を買いましょうという記事です。
単価も安くて買いやすいみずほ銀行を例に取ります。

みずほ銀行の「スーパー定期300万未満」は1年で0.06%です。
それに対してみずほFD株は1株165円(2010年5月24日終値)。1株あたり8円配当で配当利回りは4.87%です。

条件が出揃ったところで例えば100万円を1年で試算してみます。

銀行預金は0.06%の金利なので100万円預けて600円の金利がつきます。
ここから20%の課税で実際につくのは480円ですね。

みずほFD株は100株単位で買えるので最低投資金額は16500円。100万円の枠だと99万円で6000株買えます。
買い付け手数料は楽天・SBI証券共通だったので639円とします。
これで配当を現在の水準のまま受け取ると1株8円(通年)なので、6000株分で48000円受け取れます。
10%の課税を差し引いて43200円。

圧倒的な差ですね!
しかし株は株価が下がることもあります。
怖いです。
なので、銀行と同じ金利パフォーマンスが出せるラインを求めてみます。

購入価格に手数料639円を足した990639円から、株で受け取れる配当から銀行金利相当額の480円を引いた42720円を引くと947919円。
これを保有株式数の6000株で割ると157.9円。
ということは一年後だいたい158円なら株を買っても、銀行に預けてもリターンは変わらないということになります。

7円の値下がりにも耐えられるということですね。

え?株はもっと下がる?
わかりました。
それなら景気回復してるだろう10年で試算してみましょう。

「スーパー定期300万未満」10年の利率は0.4%です。
株の条件は上に同じです。

銀行預金では、1年間で4000円の利息で20%の税金を差し引いて3200円。
これが10年なので32000円の利息がもらえます。

株では1株8円が6000株で48000円の配当ですね。
来年までは10%の課税なので、43200円を2回。
その後は20%の課税なので、38400円を8回受け取ります。
あわせて393600円。
なんだかとんでもない数字になってしまいました。

銀行預金との同じラインは、上と同様に計算すると1株100円になります。
わお!10年後100円になってても銀行預金と一緒!
今これだけ下がってる株が今からもっと下がって100円。
うーん、すごい。

え、なに?株式配当は毎年変わるって?
その通りです。配当は業績に連動するので一定ではありません。

そこで、そう思うなら配当が変わらない銘柄を買いましょう!
電力会社やガス会社は株主優待がないかわりに、配当が一定という特徴があります。
いわゆる資産株ですね。

例えば東京電力は1株2261円(2010年5月24日終値)。1株配当は60円で、配当利回りは2.65%です。

100万円だと904400円で400株買えます。
年間で受け取れる配当金は24000円。
これを2個目のケースと同様に10年保有すると仮定すると、
当初2年間は10%課税で、21600円。
その後8年間は20%課税で、19200円。
あわせて10年で196800円の配当が受けて取れる計算になります。

さらに同様に銀行預金との同じラインを求めると、1株1850円の値下がりまで耐えられます。
電力株だとそこまで今から値上がりするとは断言しづらいですが、それでもサブプライムショック以来の安値は
2009年11月9日のザラ場安値2085円が最安値です。
ここからどう考えるかは人次第です。

が!

私は株のほうがいいんじゃないかな~って思います。

で、ここまで長く書きましたが、どんだけ儲かる公算が強かろうが株式投資は余裕資金だけにしてください。
子供の入学資金とか住宅購入資金とか絶対に減らせないお金ではしないでください。
あくまでも数年から10年くらいは使途が決まっておらず、銀行に放置しておくだけの余裕資金が対象です。
日本航空があっけなく退場してしまったように、どんなに有名で優良企業だと思われている企業でもある日突然退場する可能性は十分にあります。

でも、もし余裕があれば株も有効に使って少しでも豊かな生活ができればそれはいいことですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人

takeumasisin

Author:takeumasisin
FC2ブログへようこそ!

エントリー
過去ログ
カテゴリ
検索
リンク
ひふみ投信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。