スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニングスターの「マネー電卓」を使ってみた

モーニングスターの「マネー電卓」というアプリが出たようなので早速購入してみました。

リタイア後の悠々自適の生活目指して意識の高い運用してますから(キリッ
しっかり運用計画立てないといけませんしね(キリキリッ



85円。有料アプリ。ちゃりーん。
開くとこんな感じ。
今回は使いませんでしたけど、計算結果をお気に入りで保存できたり、近い検索結果の表示もできるみたい。



ではさっそく上からぽちぽち。

(1)運用総額を計算

今回は30歳の人が60歳まで30年間、毎月5万円を老後資金のために運用に振り向けるという設定で、タンス預金と超長期国債くらいの機関投資家とリスク運用の3パターン。利回りはざっくり0%、2%、5%で。
5万円は宇宙から飛んできたわけじゃなくて私が積み立ててる数字です。
年齢はノーコメントです。



タンス預金は1800万円、機関投資家レベルだと2456万円、リスク運用だと4077万円貯まるみたい。
リスク運用すごい!タンス預金より2倍以上になっちゃった!
複利効果すなー


(2)資産を倍にする72の法則

これはわりとどうでもいいかも。




(3)退職時点での必要額を計算

これなんだろーなーって結構考えたんだけど、たぶん毎月取り崩しながら運用して何年持たせるかっていう計算式だよね。
そう考えると退職時点までの運用期間じゃなくて、「退職後から取り崩し終わるまでの期間」にするべきだよね。
わかりにくい。
ということで条件は、毎月10万円受け取るのは余裕ある老後の生活を前提だと譲れないので固定。
運用期間は30年。90歳になったら死にましょう。
利回りは0%と頑張って1%。退職後の生活資金でリスク運用とかあり得ないで。



ほほう!
3600万あれば足りるのかー(そりゃそうだ


(4)退職後の受け取り期間を計算

「(1)運用総額を計算」の数字を使って毎月10万円取り崩すと何年持つかを計算します。
こちらも退職後なので利回りは0%と1%でー。



まずタンス預金の1800万円。
ぐぬぬ。長くても16年ちょいで干からびるのか。足りん!



次は少しリスク取った2456万円。
男独り身ならこれくらいあれば十分そう。平均寿命で死ねばだけど



最後はリスク運用でつくった4077万円。
いきなりすごい!金利つけながら過ごせば100歳まで安心だ!(∩´∀`)∩ワーイ


(5)退職後の毎月受取額を計算

こっちも「(1)運用総額を計算」の数字を使うんだけど、同じく10万円取り崩すようにすると(4)と結果が同じになっちゃうのでこっちは30年は持たせるようにします。必ず90歳まで生きるのだ。
利回りは同じで0%と1%。



1800万円。30年間5万円積み立てたのそのまま取り崩すだけ。当たり前だけど物足りないね。



2456万円。6~7万円くらい。うーん



4077万円。毎月11~13万円!まさに悠々自適。可愛い孫にもお小遣いがあげられちゃうね


こんな感じ。
シュミレーション通りいくなら脳みそいらないよねーウフフとか思うけど、しっかり計算したい人にはいいのかなー。
フリーのアセットアロケーションとか標準偏差計算してくれるツールで利回りはじき出したりして。
利回りは0.5%刻みでしか設定できないのでちょっと不便。まぁ85円ですしね

ただ取り崩しながらの運用利回り計算できるのは珍しいと思うのでそこはいいかも?
そんな感じで人柱乙でございました。
スポンサーサイト
管理人

takeumasisin

Author:takeumasisin
FC2ブログへようこそ!

エントリー
過去ログ
カテゴリ
検索
リンク
ひふみ投信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。